BLOG

つれづれなるままに・・・。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 季節の東洋医学的解説
  4. 2021年度版 季節の東洋医学的解説まとめ

2021年度版 季節の東洋医学的解説まとめ

明けましておめでとうございます。2021年が始まりましたね。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は一年を通して、『季節の東洋医学的解説』を掲載いたしました。今回はそれら一年間の記事をまとめてお届けいたします。各月の二十四節気と雑節は2021年度版に変更した日付を記載しています。また、各月に「2020年度版の解説記事」へのリンクを貼っているので、養生法などはリンク先をご参照ください。年間を通した季節の繋がりや移り変わりを感じて頂けましたら幸いです。

2021年度版 季節の東洋医学的解説

1月

陰陽五行:丑・陰・水または土・腎または脾

二十四節気:小寒(1月5日)
        寒さが次第に厳しくなります。寒の入り。
      大寒(1月20日)
        1年で最も寒い頃

雑節:冬の土用(1月17日~2月2日)
      立春までは土用の期間となり、土の影響を受けます。
      雑節の「土用」というのは立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間の
      ことです。この間は土いじりなどを避ける方が良いとされています。
  *雑節とは日本独自の暦のこと

2020年度版

2月

陰陽五行:寅・陽・土または木・脾または肝

二十四節気:立春(2月3日)
        この日から暦の上では春となります。
      雨水(2月18日)
        雪から雨へと変わり、降り積もった雪も溶け出す頃。

雑節:節分(2月2日)
      立春の前日(旧暦の大みそか)。邪気が入りやすい日と考えられた
      ため、様々な邪気払いの行事が行われてきました。

2020年度版

3月

陰陽五行:卯・陰・木・肝

二十四節気:啓蟄(3月5日)
        暖かくなり、冬籠りをしていた虫が出てくる日。
      春分(3月20日)
        昼夜の長さがほぼ同じになります。

雑節:彼岸(春)(3月17日~3月23日)
      春分の日を前後3日間で挟んだ合計7日間を春彼岸といい、先祖のお
      墓参りをする習慣があります。

2020年度版

4月

陰陽五行:辰・陽・土・脾

二十四節気:清明(4月4日)
        万物が明るく清らかですがすがしい頃。
      穀雨(4月20日)
        穀物を潤す春雨が降る菜種梅雨の頃。

雑節:春の土用(4月17日~5月4日)
      立夏までは土用の期間となり、土の影響を受けます。     

2020年度版

5月

陰陽五行:巳・陰・火・心

二十四節気:立夏(5月5日)
        夏の始まり。この日から立秋の前日までが暦の上では夏。
      小満(5月21日)
        草木が次第に茂る頃。

雑節:八十八夜(5月1日)
      立春から88日目の日。この日に摘んだお茶は上等なものとされ、
      この日にお茶を飲むと長生きするとも謂われています。

2020年度版

6月

陰陽五行:午・陽・火・心 + [長夏の土・脾]

二十四節気:芒種(6月5日)
        田植えを始める時期。梅雨入りの頃。
      夏至(6月21日)
        1年でもっとも昼が長く、夜が短くなる日。

雑節:入梅(6月11日)
      立春から135日目の日。歴の上での梅雨入りの日。梅が実る頃で、
      梅干づくりが始まります。  

2020年度版

7月

陰陽五行:未・陰・土・脾  + 夏[火・心]

二十四節気:小暑(7月7日)
        梅雨が明け、本格的な暑さが始まる頃。
      大暑(7月22日)
        もっとも暑さが厳しい頃。

雑節:半夏生(7月2日)
     夏至から11日目。半夏(からすびしゃく)が生える時期。
     田植えや畑仕事を終える時期とされます。
   夏の土用(7月19日~8月6日)
     立秋までは土用の期間となり、土の影響を受けます。 特に夏の
     「土用」が有名で、「土用の丑の日」には精力をつけるために
     ウナギを食べる風習が日本にはあります。

2020年度版

8月

陰陽五行:申・陽・金・肺  

二十四節気:立秋(8月7日)
        秋の始まり。この日から立冬の前日までが暦の上での秋。
      処暑(8月23日)
        暑さが峠を越えておさまってくる頃。

雑節: 二百十日(8月31日)
     立春から数えて210日目に当たる日で、毎年9月1日頃になります。
     昔から台風の多い時期で、収穫の無事を祈るために、この時期には
     全国で風祭が開催されます。

2020年度版

9月

陰陽五行:酉・陰・金・肺  

二十四節気:白露(9月7日)
        明け方、草木に露がつくことが多くなる時期。
        本格的な秋の到来です。
      秋分(9月23日)
        秋の彼岸。昼夜の長さがほぼ同じになる日です。

雑節: 彼岸(9月20日~9月26日)
       9月の秋分の日をはさんで前後3日合計7日間。

2020年度版

10月

陰陽五行:戌・陽・金/土・肺/脾 

二十四節気:寒露(10月8日)
        秋が深まり、朝露が冷たい頃。
      霜降(10月23日)
        山里では霜が降り始める頃。

雑節: 秋の土用(10月20日~11月6日)
       立冬までは土用の期間となり、土の影響を受けます。      

2020年度版

11月

陰陽五行:亥・陰・水・腎

二十四節気:立冬(11月7日)
        冬の始まり。
       この日から立春の前日までが暦のうえでの冬。      
      小雪(11月22日)
       ちらちら雪が降り始める頃ですが、それほど多くはありません。

2020年度版

12月

陰陽五行:子・陽・水・腎

二十四節気:大雪(12月7日)
        本格的な冬の到来。平地にもちらほらと雪が降る頃で、
        動物たちも冬ごもりを始めます。    
      冬至(12月22日)
        1年で最も昼が短く、夜が長くなる日。太陽の力が一番弱まる日
       ですが、翌日からは春に向けて強まっていきます。
       冬至かぼちゃ、冬至粥、ゆず湯などで厄払いや無病息災を祝う風
       習があります。

2020年度版

《編集後記》
新たな年が明け、本来なら喜ばしい限りなのですが、今年になってもコロナ禍は収まらず…。受難の時代を迎えていますが、今はちょうど極寒へと移り変わる季節です。もとより冬は静かに過ごす方が東洋医学的にも正解で、ステイホームをするのにはうってつけです。楽しいイベント事は先のお楽しみにして、感染対策を優先するようにしましょう。今こそ日頃の不摂生を見直し、健康的な生活に変えるチャンスですよ!

冬の時代は必ず終わり、暖かい春がいずれやってきます。冬の寒さが厳しければ厳しいほど春に咲く花は美しくなると言います。今苦しい人や不安な気持ちを抱えている人も、未来はきっと良くなると信じてこの苦しい時代を超えていきましょう。

2021年は季節に沿ったテーマでブログをお届けしていきたいと思っています。今年もお付き合いいただましたら嬉しいです。

関連記事